ほう れい 線 コラーゲン

コラーゲンを食べると肌がプルプルにるってホント??

 

 

美容に気遣い『コラーゲンには美肌効果がる』と固く信じて、コラーゲンのサプリやコラーゲンが入った食べ物をだべている女性は少なくないと思います。
コラーゲン食べた翌日には・・・メイクの乗りが違うなーんて美肌効果を疑わない女性も多いようですが・・・

 

 

ホントにそうって思いませんか?

 

 

まー疑う前にまずはコラーゲンと肌の基本的な関係について考えてみましょう。

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種です。体の60%前後は水分ですが、残る固形物の半分はタンパク質。
コラーゲンはそのタンパク質の約3分の1を占めているのです。

 

 

コラーゲンが最も多く含まれるのは皮膚で体内の全コラーゲンの40%前後が含まれているのです。

 

 

肌表面(角質層)の奥にある真皮ではコラーゲンがネット状の組織を作り、細胞と細胞の間を埋めており、肌の若々しい弾力性や張りの元になってます。

 

 

この他、骨や軟骨、血液などにも分布しているのです。

 

 

皮膚のコラーゲンは、他のタンパク質と同じように、分解と合成を絶え間なく繰り返す新陳代謝わお行ってます。
通常は分解と合成のスピードが同じなので新陳代謝を意識できないのです。

 

 

けれど加齢とともにコラーゲンを合成する力が落ちると、結果的に分解が進みます。

 

 

加えて紫外線などにより、コラーゲンが劣化することもわかっているのです。
歳を重ねるごとに肌の弾力性が失われて張りがなくなりシワが増えるのです。

 

 

だから、加齢とともに失われるコラーゲンを食品から補ったらって発想になるのです。

 

 

コラーゲンを含む食品は、鶏の手羽先、豚足、フカヒレ、魚介類の煮こごりなど・・・ですね。

 

 

しかしコラーゲンを食べたからってそのまま体内に入るわけではないのですよ。

 

 

コラーゲンに限らずタンパク質は最大20種類のアミノ酸から構成されているのです。

 

 

タンパク質は消化吸収の過程で分解され、アミノ酸単体か、複数のアミノ酸が連なった状態で体内に入ります。

 

 

食事から摂った食品のコラーゲンが100%肌のコラーゲンになり、肌の張りやツヤが復活するというのは間違いですね。

 

 

そのなかで、骨や軟骨あるいは、血管を作る為に使われるかもしれなません。

 

 

ダイエットで食事制限など食事制限をしタンパク質が不足していた場合
はに『スッポン料理を食べて肌がプルプルになった』って事はあるかもしれませんが・・・

 

 

フカヒレやスッポン料理など高級料理を食べたりコラーゲンサプリにお金を使ったりしなくても普通の肉類、魚介類、大豆食品、牛乳、乳製品などでタンパク質を摂るほうがずっと効果的ですね。

 

 

結果、プラセボ効果と同じように『肌に良いものを食べた』という暗示がもたらす心理的な影響の方が大きいのかもしれませんね。

 

 

タンパク質ってダイエット中は減らしても大丈夫なの?

 

 

先程のコラーゲンのお話の中でタンパク質の事を少しお話をしたんでもう少ししつこんでお話したいと思います。

 

 

お肌にいいコラーゲン・・・鶏の手羽先、豚足、フカヒレ、魚介類の煮こごり
肉類、魚介類、大豆食品、牛乳、乳製品はタンパク質の貴重な供給源。

 

 

しかし高カロリーである(悲)

 

 

げっ・・体重計にのるのが怖い。
糖質、脂質、タンパク質、3大栄養素はいずれも体内でカロリーになるのでダイエットとは切っても切れない関係ですよね。

 

 

しかし、ダイエットというと脂質や糖質の取り過ぎばかりを気にしがちですが
タンパク質が不足すると太りやすくなるのです。

 

 

知ってましたか・・・私は知らなったのです!!

 

 

なぜかって言いますと、タンパク質を減らすと筋肉が減ってしますからです。

 

 

筋肉は水分を除く固形物のほとんどがタンパク質。そして筋肉を作るタンパク質は、肌が新陳代謝で入れ替わるように常に分解と合成を繰り返してます。
タンパク質は古くなると機能が低下するのでその力を100%発揮させるため常時新鮮なものと交換するのです。

 

 

タンパク質の摂取が少ないと材料不足で筋肉と合成するスピードが、分解するスピードを下回るようになります。

 

 

筋肉が減ると1日に消費カロリーが低下しじっと横になっている時でも消費しているエネルギー代謝を基礎代謝量といい1日の総消費カロリーの約70%を占めるのです。

 

 

そして筋肉は基礎代謝量の30%〜40%を担っているので、筋肉が減ると消費カロリーがダウンし結果太りやすくなるのです。

 

 

1日1キロ当たり1グラムのタンパク質をとる!!

 

 

タンパク質は最大20種類のアミノ酸から作られています。そして人はアミノ酸をもっぱらタンパク質として体内に摂り入れているのです。
筋肉のタンパク質から分解されたアミノ酸も、新たに筋肉を合成するときに使われます。

 

 

リサイクル率が100%なら助かるのですが、アミノ酸の一部は体外に排泄されるので常に食べ物からタンパク質を補給しなくてはけません。

 

 

タンパク質を構成するアミノ酸のうち11種類から体内で合成されます。

 

 

しかし残りの9種類は体内で合成できないので食べ物から補う必要があります。

 

 

これを必須アミノ酸といいいます。

 

 

大事な栄養素なのでかいておきますね。

 

 

@トリプトファン
Aロイシン
Bリジン
Cバリン
Dスレオニン(トレオニンとも言う)
Eフェニルアラニン
Fメチオニン
Gイソロイシン
Hヒスチジン

 

 

必須アミノ酸が一つでも足りないろタンパク質を作ることができないのです。
タンパク質を摂るなら必須アミノ酸をバランス良く含む食べ物が一番いいでのです。

 

 

それがダイエットに一番敬遠される肉類であり牛乳、乳製品です。

 

 

他には卵、魚介類、大豆食品も必須アミノ酸も偏りなく含むタンパク源です。

 

 

なのでタンパク質を減らすと筋肉が減り、カロリー消費が落ちて太りやすい体になってしますのです。